和食器漆器・ガラスの器など食器を販売している専門店。 こだわりの和食器を全国から集め販売しております。
イルフィリオロゴ
手仕事にこだわる職人達の心意気を伝え、手作業で製作されるモノの素晴しさと、
日本の伝統工芸品を皆さまにご紹介いたします。
当店の紹介
取扱商品
催事のご案内
アクセス
メディア情報
ギフト
問い合わせ
ホーム取扱商品陶芸作家・伝統工芸品 > 草場勇次・奈美子
草場勇次・奈美子
 人間が最初、両手で水をすくい飲んだところか

ら器作りが始まったとするなら、器作りはその喜び

を大切に ひとつ、ひとつ 作りだし、そして手指

のぬくもりを感じさせるもとをと思う。

 異なる色をもたせた土を組み合わせ、重ね合わ

せて作る練上げの文様。個性を放つその力強さ

鮮やかさが好きです。

練上げの器を見て触れて楽しんでください。

草場勇次作陶風景
略歴 草場 勇次 練上げ彩磁焼き〆シリーズ
1955年  有田に生まれる

1984年  作陶生活に入る

1988年  九州山口陶磁展 通産大臣賞 受賞

1990年  ながさき陶磁展  知事賞    受賞

1995年  朝日クラフト展   招待出品  

草場 奈美子

1956年  神奈川県に生まれる

        大学卒業後、有田へ移住

1979年〜87年

       佐賀県窯業試験場(現窯業技術センター)にて、下絵付け

       、釉薬、デザイン、県立有田工業高校窯業科にてロクロを

       学び窯業研修を重ねる。

1989年  艸窯にて作陶生活に入る

1991年  九州山口陶磁展にて初入選その後も入賞、入選を重ねる

2003年  各地にて個展活動をしている

谷井芳山のご紹介
中村平三のご紹介
当店の紹介
練上げロゴ
 「絞胎」「攪胎」と中国で呼ばれる練上は、宗時代定窯や磁州窯系統

の窯に見られ、次いで朝鮮の高麗朝の窯にその技法が伝わりました。

この技法は二、三種の異色土を幾重にも重ねたりタテヨコに組み合せ、

素地自体を文様化したり、手越こし型にとって成形します。したがってそ

の特徴は、文様が表面だけでなく、裏まで通るので力強く明瞭で釉をかけ

て焼いても乱れが無いという事があげられます。

 当窯では、紫陽花、桜、梅、椿、すいせん、ばら、麻の葉、松葉、

十草、波、等の文様を磁器に新しく取り入れることで、陶器とひと味違っ

た、多彩な装飾性を追及した作品を創り出しています。

練上げ製作工程ロゴ
制作行程1
特白の白磁の生地に顔料を
練り込み、イロイロな色の粘土色磁器)を作ります。
制作行程2
‡@で作った色磁器を金太郎飴のようにして絵柄を作ります。
制作行程3
背景となる色一色で板状に作ります。‡Aで作ったパーツが入るように切り抜きパーツをはめ込みます。
制作行程4
型の上に被せます、シワなど余る部分を切り、形を整えます。高台の部分の取り付ける。
制作行程5
逆さまにして、仕上げに内側からも型で形を整えます。
制作行程6
釉薬をかけ、約1300度で焼き上げて出来上がりです。
□ 商品一覧
草場勇次・奈美子作品イメージ
草場勇次・奈美子作品イメージ
草場勇次・奈美子作品イメージ
草場勇次・奈美子作品イメージ
草場勇次・奈美子作品イメージ
〒227-0038
神奈川県横浜市青葉区奈良1-18-14
TEL045-961-8890 FAX045-962-1195
定休日  :毎週火曜日
(祭日は場合は営業)
営業時間 :10:00 - 19:00
地図はこちら
併設レストラン「イルフィリオ」
Copyright (C) 2010 nikko-seikatsukan All Rights Reserved.